*

離婚の裁判は意外とソフトな雰囲気で進行される

離婚も辞さないつもりで、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

 

けれども1人で踏み込むと、さらに揉める可能性が高いので、止めておきましょう。

 

信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。

 

信じて頼れるような人がいないなら、探偵等に頼むことをお勧めします。

 

事前に成功報酬と言われていても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、その際の調査期間が3日間だった場合、調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければ調査は成功ということになるでしょう。

 

浮気しているのかは分からないまま、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、調査期間を終えてしまい、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。

 

浮気があったがために家族会議でも離婚話が進展せず、離婚調停が必要になるケースもあります。

 

裁判所から任命された調停委員が加わったうえで離婚のための意見調整を行うため、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でもソフトな雰囲気の中で話が進行する点で体力的にも精神的にも助かります。

 

普段どおりのあなたのままで大丈夫です。

ナイトアイボーテ



コメントする