*

豊富に情報を集めておくといい

ご存知の方も多いと思いますが、不動産の査定を受ける場合、「簡易査定(机上査定)」と「訪問査定」という二つの選択肢があります。

 

もちろん、査定方法が違えば査定額が算出されるまでに必要な時間も変わってきます。

 

まず、簡易査定に必要な時間ですが、30分から1時間で結果が算出されます。

 

その一方で、訪問査定のケースでは、物件のチェックそれ自体は長くても1時間かからないでしょう。

 

とはいえ、役所への調査を含めた時間が加算されるので、長ければ1週間はかかる可能性があることを理解して、ゆとりを持った計画を立てることをおススメします。

 

不動産物件を売る場合には、印鑑証明、それに、実印の準備が必要になります。

 

これらは法務局で所有権移転登記のためにいるもので、不動産を買う人は両方いらないのです。

 

もし、買主がローンを希望するなら先述の件は当てはまりません。

 

この場合に限りローン会社では印鑑証明、及び、実印が必須となります。

 

それから、連帯保証人を必須とするなら必ずその連帯保証人の印鑑証明と実印がいります。

 

不動産の売却に際しては、あらかじめ周辺の物件の相場を調査しておくことが必須条件でしょう。

 

例えば実際の不動産価値から程遠い査定をされたとしても相場を知らなければ何の疑念も持たず、多大な損失を生む可能性が高いからです。

 

そして、大体の物件価格の相場がわかっているかどうかというのは上手く交渉を進めるためにも有用です。

 

極力、豊富に情報を集めておくといいですよ。

脇 黒ずみ



コメントする