*

マイホームの買換特例

所有している不動産物件を現金に換えられるというのが、家を売る上で1番のメリットと言えるでしょう。

 

それと、売る物件の災害保険料、貸付金の保証料は、残っている期間分のお金が戻ってきます。

 

とはいえ、このお金は売却が完了した時に保険会社などが自主的に返金してくれるものではありませんから、自分で手続きをします。

 

売却が決定したときには、忘れないうちに契約会社に連絡を入れましょう。

 

不動産売却では大きな額の金銭が授受されますから、それなりの経費も当然かかります。

 

不動産業者には仲介手数料を支払うでしょうが、それも物件が高く売れれば売れるほど高額になりますし、売却によって利益を得た場合は譲渡所得税が賦課されることもあるでしょう。

 

取引に用いる関連書類作成に伴う出費や印紙代も必要になります。

 

それだけでなく、自分が住んでいる物件の売却ならば、引っ越し費用も加味する必要があるでしょう。

 

土地の急激な値上がりさえなければ、新築物件の場合は建ってから3年目くらいをめどに10年程度は値段が毎年落ちていき、上がることはまずないです。

 

ただ、この下り傾向は10年目までで、11年目以降というのは下げ止まりのような感じで価格は横ばいになります。

 

マイホームの買換特例や所得税率と住民税率の優遇を受けられる要件は、所有期間が10年超となっていますから、居宅の処分、買い替えを検討しているなら取得して10年を過ぎた頃がまさに最適であるということです。

デリケートゾーン黒ずみ解消



コメントする